イボの原因

ウイルス性疣贅はイボの中でも一般的なものの1つです。これはヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染して出来るという特徴を持っています。human papillomavirusがヒト乳頭腫ウイルスの英語訳ですが、この英語読みと日本語訳を合わせてヒトパピローマウイルスと書く場合もあり、英語の略語としてHPVと書くこともあります。そのため、読み方に混乱しないように気を付けましょう。

このヒトパピローマウイルスは1つの種類だけでなく、多くの種類が存在します。そのため、普通のイボだけでなく性病として知られているコンジローマの他の種類のものが子宮ガンの原因となるということでも着目されることが多いです。そのため、この名前を聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。

皮膚や粘膜に感染するといろいろな場所でイボが出来るという特徴をヒトパピローマウイルスは持っています。それは、皮膚の構造にあります。イボは通常健康な皮膚には感染できる力を持っていませんが、小さな傷などがあるとそこから細胞へと感染します。細胞は分裂をするので、そこで分裂したイボが同じように連続して発生してしまうのです。そのため、アトピーの子どもなどが痒みによって引っかき傷を作ってしまい、そこからイボを作りやすくしてしまうのです。

Copyright © イボについての知識を持とう!, All rights reserved.