イボの種類

イボにはさまざまな種類が存在します。中でもヒトパピローマウイルスはDNAの違いによって150種類以上の異なる型が存在し、これを「遺伝子型」と呼んでいます。これは今後の研究によってさらに種類が増えることが予想されており、この型を分類することによって感染しやすい箇所やできやすいイボの見た目が異なるということも把握されています。さらに、ある種の型は子宮癌や皮膚癌の原因にもなるのです。

代表的なヒトパピローマウイルスの型によって出来るイボとして挙げられるのが尋常性疣贅です。こちらは子供の手足などに多くみられることが特徴です。それだけでなく、顔に出来る指状疣贅、足の裏にできる足底疣贅なども尋常性疣贅のグループとして把握されています。それ以外には扁平疣贅やコンジローマ、ボーエン様丘疹症などがあるため、気を付けましょう。

イボはその型によってある程度原因が把握できる病気です。そのため、正しい診察が出来るクリニックへ受診をすれば、素早く治療が出来る可能性が高まります。素人の自己診断によって治療をしても効果があらわれないことが多いので、コンプレックスにもなりがちなイボを早く直したい人は専門の医院へ出向くようにしてください。

Copyright © イボについての知識を持とう!, All rights reserved.